世界で最もダウンロードされたiPhoneアプリTOP10

写真:©shutterstock
この10年間で、最もダウンロードされたiPhoneアプリ トップ10が発表された。

  1. Facebook(フェイスブック)
    Facebookは依然として世界で最も人気があり、これまでに最もダウンロードされたiPhoneアプリ。
  2. Facebook Messenger(フェイスブック・メッセンジャー)
    Facebookのチャット機能からスピンアウトしたアプリ。ローンチ後、すぐに大きな人気を集め、常にApp Storeの無料アプリランキングの上位に位置している。2018年、メッセンジャーのデザインを一新し、ユーザーインターフェイスを改善する予定。
  3. YouTube
    YouTubeは、グーグルのiPhoneアプリの中で最も人気のアプリ。常にApp Storeの無料アプリランキングのトップを占めている。
  4. Instagram(インスタグラム)
    2010年にローンチされたインスタグラムは、それ以来、常に人気アプリとなっている。2012年、Facebookが買収した。先月、インスタグラムはユーザー数が、10億人に達したことを発表した。
  5. WhatsApp(ワッツアップ)
    Facebookが2014年に買収したワッツアップは、メッセージを暗号化して送ることができる。月間ユーザー数は15億人。
  6. Google Maps(Google マップ)
    Google マップは常にApp Storeのトップ10に入っている。
  7. Snapchat(スナップチャット)
    2011年に「ピカブー(Picaboo)」という名前でApp Storeに初登場したスナップチャットは、いまや史上最高の人気を誇るアプリの1つ。2018年2月時点で、1日のユーザー数は1億9100万人。
  8. Skype(スカイプ)
    マイクロソフトが2012年に85億ドルで買収したスカイプは、10億回以上ダウンロードされている。同アプリが2017年に行った大型アップデートは、アップルのフェイスタイム(FaceTime)やフェイスブック・メッセンジャーなどとの競争において功を奏している。
  9. WeChat(微信)
    テンセントのWeChatは、メッセージング、ソーシャルメディア、モバイル決済が可能。2018年3月時点で、月間アクティブユーザー数は10億人を超える。
  10. QQ
    QQは中国のテック大手テンセント製アプリ。フェイスブック・メッセンジャーのようなメッセージングアプリで、オンラインゲーム、音楽、ショッピングなどの機能を備える。

あなたのスマートフォンの中にはいくつのアプリがありましたか?
SNSアプリが多い印象だが、今後10年はどのようなアプリが主流となるのだろうか。世界情勢とともに注視していきたい。

参照:Business Insider

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンド動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

ページ上部へ戻る